妊娠時のノンカフェインコーヒー

妊娠発覚!大好きなコーヒーを我慢

私が待望の妊娠をした当時は仕事をしていました。
そしてその職場にはコーヒーメーカーがあり、美味しい淹れたてのレギュラーコーヒーが飲み放題だったので、自宅にコーヒーメーカーがなく、家では仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいた私(汗)には、仕事に行く上で数少ないというか唯一の楽しみは、ランチの後や仕事の合間に美味しいレギュラーコーヒーを飲んでほっと一息つくことでした。
しかし、妊娠が発覚したので、もちろんカフェインを含むコーヒーは飲めません(恥ずかしながらそれまで、妊婦にはカフェインはNGだというのを知らず、妊娠がわかってから色々とネットで調べて初めて知りました)。
なので、妊娠を職場に報告して、それまで飲んでいたコーヒーもやめ、お茶に切り買えた(職場ではお茶も飲み放題でした)のですが、やはりコーヒーのいいにおいが漂ってくると、「あぁ、いいにおい、飲みたい…!」と思ってしまいました。とにかくコーヒーを飲むのを我慢するのは本当に辛かったです。

友人からたんぽぽコーヒーをプレゼントされるも…

そんな辛い毎日を過ごしていたとき、私の妊娠を知った友人から「たんぽぽコーヒー」というのをプレゼントされました。
何でも、その名の通りたんぽぽの根っこから抽出したお茶(名前はコーヒーですが、正確にはお茶のようです)で、ノンカフェインだから妊婦でも飲めるし、授乳中に飲むと母乳の質も良くなるとのことです。
その友人は子供がいたので、さすが先輩ママ!と感動しましたし、私がコーヒーを飲めなくて辛い思いをしているという話はしていなかったのに、気持ちをわかってくれたことにすごく嬉しく感じました。
しかし、実際にたんぽぽコーヒーを飲んでみると…ん、これコーヒー??正確にはお茶だと言うけど、正確にはというより、飲んでみた感じもお茶に近い。濃いお茶というか、漢方薬っぽい感じ??とにかく、正直「美味しい」とは思えない味でした。せっかくくれた友人には悪いのですが、一箱全てを飲みきることができませんでした(涙)。

ノンカフェインのコーヒーを発見!

そんな時にネットで見つけたのが、「ノンカフェインのコーヒー」。色々と調べてみると、カフェインが入っていなくても美味しいものもあるらしいということを知りました。
そして、ネットで口コミ評価の高いとあるノンカフェインコーヒーを飲んでみると、確かに本来のコーヒーと比べてしまうと微妙に違いますが、十分に満足できる美味しさでした。それからしばらくは、そのノンカフェインコーヒーを買って飲んでいました。
あの妊娠からもう10年近く経過していますが、今では本当に色々なノンカフェインコーヒーが出ているようですね。
私はできればあと1人欲しいなーと思っているので、もし妊娠できたら、またノンカフェインコーヒー選びも楽しみだなぁと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です