育毛剤に関する年齢はどのような状況か

何かの商品を使うとなると、しばしば年齢がポイントになります。特定の年齢層では、使用が難しい商品などもあるでしょう。アルコールなどは、未成年は禁止されていますね。育毛剤の場合はどうなのかというと、タイプ次第と言えます。

1.医薬品とそうでないタイプ

そもそも多くの方々は、育毛剤を薬剤と捉えている傾向があります。しかし、実は全ての商品がそのタイプではないのですね。一部の化粧品などは、髪の毛を生育してくれる効果もあります。化粧品は、もちろん薬剤とは別のタイプとしてジャンル分けされます。その他にも医薬部外品などもあるでしょう。

2.医薬品には年齢制限はある

それで未成年の方がそのタイプの商品を選ぶとなると、医薬品かどうかはよく確認しておくのが無難です。というのも現在の日本のルールでは、未成年者は発毛用の医薬品を使ってはならないルールになっています。ですので必ずパッケージなどを見て、年齢的に問題が無いかどうかを確認するのが良いでしょう。ただしっかりとした薬店なら、レジを打つ段階でしっかり年齢確認をしてくれるので、問題は無いと思われます。どちらにしても、年齢が低い方は使える育毛剤は限られてくるのですね。逆に前述のような化粧品ならば、特に年齢制限はありません。不安な場合は、お店のスタッフなどに相談をしてみるのも良いでしょう。

3.育毛剤の使用者の年齢状況

ちなみに育毛用の商品を利用する方々の年齢状況はどうなっているかと言うと、30代以上が目立ちます。例えばある育毛商品の場合は、全利用者の約30%近くが30代なのですね。40代の方々も全体の25%前後です。20代の方などは、極めて少ない状況ですね。育毛剤は全般的に、そのような年齢の傾向が目立ちます。若い年代層というより、いわゆるミドルエイジに近い方々がそのタイプの商品を用いる事が多いのです。もちろん商品によって、若干の違いもあります。上記は30代が多い商品ですが、中には40代以上のユーザーが多い商品もあるですね。それぞれの商品により、年齢層の違いがあるのは事実ですね。

30代以上の利用者が多い

ですので育毛剤の年齢に関しては、次のような事が言えるでしょう。
・医薬品扱いの育毛剤は未成年は使用不可
・化粧品タイプなら未成年も問題無い
・全般的に30代以上の利用者が多い
結局、未成年は使う事ができる育毛剤が限られる事だけは事実ですね。医薬品以外を選べば、特に問題は無いでしょう。ただ未成年者がそれを使う事例は少なく、現実には30代以上が多い訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です